読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒・まむし・パイン

楽しくやりましょう!

iPadをディスプレイにWindows環境を構築した話

先日、こんな商品が発売されました。

「キーボードPC II 」という、キーボードにPCを内蔵した一体型PC。

 

一体型PC第2弾、その名も「キーボードPC II」発表。バッテリー搭載で画面があればどこでも使用可、2017年1月発売 - Engadget 日本版

 

これを使えば、家で眠っているiPad ProをディスプレイにしたモバイルWindows10環境を構築できるのでは・・・?

 

f:id:paina817:20170216010214j:plain

その夢を、実現させてみました!12.9インチのiPad Proにぴったり!

 

作業時間は30分~1時間ほどで、難しい設定はありませんでした。

それでは行ってみましょう!

 

まずは届いたキーボードPC IIを開封します。

f:id:paina817:20170216003313j:plain

 

すごい綺麗な箱に入っています・・・!イマドキのパソコンは全部こうなのでしょうか?

f:id:paina817:20170216003311j:plain

 

付属品・外観・ポートはこんな感じ。必要なものが必要最小限ついています。

f:id:paina817:20170216003738j:plain

f:id:paina817:20170216003631j:plain

f:id:paina817:20170216003524j:plain

HDMIケーブルは付属していないので注意してください。

 

まずはキーボードPC IIのセットアップから。

HDMIケーブルをキーボードPC IIとディスプレイに接続します。

私はテレビにHDMIケーブルをつなぎ、windows10のセットアップをします。

(ここは普通にインストールなので、省略します!!)

キーボードPCIIは最初から不要なソフトがほとんど入っていないので、アンインストールの手間がほとんどないのが嬉しかったです。*\(^o^)/*

 

iPadにDuet Displayというアプリ(有料)を入れます。

Duet Display

Duet Display

  • Duet, Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

 

ずっと半額セールしているみたいで、私が購入したときは1200円でした。安い!

・有線で接続できることにで画面の応答が早いこと(超重要)、

・動作が非常に安定していること(超重要。元Appleの技術者が作成したそうです)

の2点がいいと思ったので私はDuetDisplayを使っています。

 

キーボードPC側にもDuet Displayというアプリをインストールします。

www.duetdisplay.com

 

Duet Displayのインストールは難しいところは特にありません。

Program Filesの保存先を選択してインストール。最後に再起動。

 

Duet Displayの起動画面。

f:id:paina817:20170216004037j:plain

キーボードPC側でDuetを起動するとこんな画面になります。

このままウィンドウ右上の最小化ボタンを押して最小化します。

 

iPadでアプリを起動して、USBでキーボードPCと接続します。

私はiPadについてきたApple純正の白いコードでつなぎました。

 

マルチディスプレイの環境が完成!!

(Duet Displayは本来こんな風にマルチディスプレイを実現するためのソフトなのです。)

f:id:paina817:20170216005246j:plain

しかし、今回はこれが目的ではないので、ディスプレイの設定から変えていきます。

何もないところで右クリック>画面の設定を変更

(キーボードPCのパッドではダブルクリック=二本指タップです)

 

 iPad側のディスプレイを選択し、(画像では2のディスプレイ)

f:id:paina817:20170216005408p:plain

「これをメインディスプレイにする」にチェックマークを入れます。

複数のディスプレイを「2のみに表示する」を選択。

これでiPadをキーボードPC専用ディスプレイに設定できました。

 

 

※ただし再起動すると起動しなくなる問題が残されています。

それを防ぐのが下記のTipsです。

 

Duet DisplayはキーボードPCの起動時に自動でスタートアップ起動するんですが、

そもそも起動時にパスコードを入力しなければDuetが起動しない、という問題があります。

 

これをパスするために、左下のContoraの「何でも聞いてください」というバーに

「netplwiz」と入力し、コマンドの実行。

f:id:paina817:20170216005427p:plain

「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスコードの入力が必要」というチェックを外し、適用を押します。パスコードを聞かれるので入力して設定完了。

f:id:paina817:20170216005433p:plain

 

これで完成です。

 

使うときは、キーボードPCを立ち上げてiPad側でDuetDisplayを起動し、コードでつなぐ。

これだけです。最高では・・・!

f:id:paina817:20170216011320j:plain

 

★1週間使ってみての感想

キーボードPC IIの性能はWindows10(64bit)でRAM4GB。

性能のことは正直あんまり詳しくないんですが、不自由さは感じませんでした。

 

IPad+Keyboard PC IIを使ってみて便利だったポイント3つ。

モバイルバッテリー内蔵なので、どこでも使えるのが便利。

IPad(Cellerモデル)だからテザリングしながら接続。これが本当に便利すぎます!

③キーボードPCは容量が少ないけど、iPadにデータを移せるので容量問題も解決。

普通にモニターにつなぐよりも相性がいいな、と感じました。

 

ぱいなでした。ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

今回、構築にあたって参考にさせていただきました。ありがとうございました。

参考文献1:

価格.com - テックウインド キーボードPC WP004 のクチコミ掲示板 (2ページ目)

参考文献2:

いいかも iPad miniをディスプレイにした最少モバイルWindowsPC